2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

2022年3月25日 (金)

視覚障害者災害支援員研修教材刊行のお知らせ

Photo_20220402192501 このたび、全国生活協同組合連合会及びこくみん共済coop<全労済>の助成を受けて、災害時に視覚障害者の支援にあたる専門家(災害支援員)を養成する研修教材を製作し、関連団体や施設、学校等に寄贈いたしました。

この教材により災害時の視覚障害者支援について理解を深め、より多くの方が支援員として登録してくださることを期待しております。

ご興味のある方は事務局までお問い合わせください。

■ 基礎講座(18講座)

  これまでの取り組みや災害支援、視覚障害者と災害についての基礎知識

■ ステップアップ講座(3講座)

  本部での支援と直接支援(現地支援)についてより具体的な活動内容

■ コーディネーター・後方支援講座(2講座)

災害時の現地支援リーダー、現地入りせずに後方支援にあたる人の活動内容

 

2022年2月18日 (金)

第1回点字考案200年記念事業「記念講演会&シンポジウム」開催のお知らせ

200  

点字考案200年記念事業推進委員会では、点字考案200年を迎える2025年に向けて、

点字の普及と現代社会に即した実用性の拡大を目指す事業を継続的に行います。

第1回は、2022年3月19日(土)午後1時より「記念講演会&シンポジウム」を開催。

韓国の点字法に学びながら、これからの点字への期待について議論を深める機会とします。

YouTube配信及び東京・大阪会場によるハイブリッド形式です。

会場参加には申し込みが必要です。締切は3月11日。奮ってご参加ください。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

第1回点字考案200年記念事業「記念講演会&シンポジウム」 | 社会福祉法人 日本視覚障害者団体連合 (nichimou.org)

点字考案200年記念事業推進委員会

構成団体
1)社会福祉法人 日本視覚障害者団体連合
2)社会福祉法人 日本盲人福祉委員会
3)社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会
4)特定非営利活動法人 日本点字普及協会
5)特定非営利活動法人 全国視覚障害児童・生徒用教科書点訳連絡会 
6)日本点字委員会

 

2021年12月27日 (月)

生協助成事業「特別支援学校における視覚障害児童・生徒に対する防災教育の実施状況等に関する調査事業報告書」

日本盲人福祉委員会が教職員共済生活協同組合及びこくみん共済COOPの助成を受けて実施した標記調査事業の報告書が完成いたしました。

全国の盲学校67校に防災教育の実施状況についてアンケート調査を行い、千葉、和歌山、香川、高知、熊本の盲学校を訪問してインタビュー調査を行った結果をまとめたものです。

Photo_20220126170001
もくじ

第1章 調査の目的と方法

第Ⅱ章 アンケー ト調査の結果

第Ⅲ章 訪問調査等の結果

第Ⅳ章 防災用具等配布について

第Ⅴ章 調査のまとめ

詳しい内容については日盲委事務局(電話 03-5291-7885)までお問い合わせください。

2021年12月 5日 (日)

ニュースレターNo.78(令和3年9月号)発行しました

毎年2回発行しております日盲委の機関誌「ニュースレター」第78号を発行いたしました。

今号の特集は9月24-25日にオンライン開催した第15回WBUAPマッサージセミナー報告、8月27日-9月5日に開催された東京パラリンピックの振り返りでした。いかに目次のみご紹介しますが、ご希望の方はお送りいたしますので、事務局までお申し付けください。

ひきつづきご支援ご指導をよろしくお願いいたします。

特集1 第15回WBUAPマッサージセミナー報告

  1. 開催までの経緯について
  2. セミナーの概要

特集2 東京パラリンピックを振り返って

  1. 東京パラリンピックでの視覚障がいアスリートの活躍と大会のレガシー
  2. パラリンピックを終えて
  3. 東京パラリンピック観戦記ー親の観点から
  4. 東京パラリンピック 視覚障害者の主な成績

Ⅰ. 日本盲人福祉委員会の取り組み

  1. 第51回朗読録音奉仕者感謝の集い
  2. WBU(世界盲人連合)題10回総会開かれる
  3. WBUAP会長9年の思い出
  4. WBUAP執行委員就任にあたって  

Ⅱ. 日本盲人福祉委員会のこれまで(2021年4月1日~9月30日)

Ⅲ. 日本盲人福祉委員会のこれから(2021年10月1日~2022年3月31日   

事務局より

2021年10月12日 (火)

第15回WBUAPマッサージセミナー オンデマンド配信中

令和3年9月24日(金)~25日(土)に行われましたWBUAPマッサージセミナーの

オンライン配信を10月31日まで行っています。下のリンクより、ぜひご視聴ください。

 

特設サイト(世界盲人連合アジア太平洋地域協議会第15回 WBUAP マッサージセミナー (15wbuap-rms.jp)

 

視聴用リンク(エンターキーを押して視聴用のページに移動したら、スペースバーを押すと再生が始まります)

 

第1日目

 

開会式(歓迎の言葉、厚労大臣祝辞、WBU会長祝辞、WBUAP会長祝辞、WBUAPマッサージ委員長開会の辞)

 https://vimeo.com/615677239/30bf9747ac

 

基調講演「21世紀は手技療法の時代 ~触れる(タッチ)の効果について~」

明治国際医療大学 学長 矢野 忠

 https://vimeo.com/615677239/30bf9747ac#t=27m22s

 

文化交流①(日本の訪問介護マッサージ、タイの全盲ピアニスト、中国江西省マッサージ、

タイマッサージの礼法、タイの全盲歌手、日本の和太鼓)

 https://vimeo.com/615677239/30bf9747ac#t=1h26m35s

 

カントリーレポートⅠ(東アジア:モンゴル、韓国、中国、香港、日本)

 https://vimeo.com/615677239/30bf9747ac#t=2h7m26s

 

カントリーレポートⅡ(東南アジア:フィリピン、ベトナム、マレーシア、タイ、バングラデシュ)

 https://vimeo.com/615677239/30bf9747ac#t=3h16m26s

 

各国のマッサージ・チャンピオン紹介(タイ、ベトナム、フィリピン、中国、日本)

 https://vimeo.com/615677239/30bf9747ac#t=4h15m20s

 

第2日目

 研究発表1(経営・臨床5題)

 発表1(経営):新型コロナウイルス感染拡大のマッサージ業に及ぼす影響に関する調査

 藤井 亮輔(日本)

発表2(臨床):視覚障害者による小児医療マッサージの現状と課題

 XU Xian-nu(中国)

発表3(臨床):眼精疲労症候群に対するマッサージ療法の有効性に関する研究

 近藤 宏(日本)

発表4(臨床):不眠症に対する子午流注を用いた推拿の効果

 GAO Pei-you(中国)

発表5(臨床):頚椎が関与する老年性痴呆症に対し内静外動気功推拿と経絡点を用

いた臨床報告

 LIU Lili(中国)

 https://vimeo.com/615612921/95a65324a4#t=4m

 

文化交流②(日本野村耕助、タイ治療院紹介、ベトナム伝統音楽、タイ全盲ピアニスト、日本栗山龍太)

https://vimeo.com/615612921/95a65324a4#t=1h18m30s

 

研究発表2(臨床5題)

発表6(臨床):胸椎椎間関節症患者38例に対する按動両方の治療効果

 SUN Hui-min(中国)

発表7(臨床):変形性膝関節症に対する按動療法がもたらす臨床効果の検討

 QU Yi(中国)

発表8(臨床):按動療法による五十肩の疼痛軽減と機能回復の臨床的観察

 WU Jian-cong(中国)

発表9(臨床):肩関節の痛み・可動域制限に対するマッサージ療法の有効性に関する研究

 菅原 寿彦(日本)

発表10(臨床):顎関節症に対する体外マッサージ整骨療法の治療効果

 Ma Gaoliang (中国)

 https://vimeo.com/615612921/95a65324a4#t=1h41m50s

 

研究発表3(教育5題)

発表11(教育):あん摩・指圧における押圧動作時の圧力と姿勢の関連

 村田 愛(日本)

発表12(教育):私立大学における視覚障害者を対象とした職業教育の実践と研究

 Rao Wulin(中国)

発表13(教育):視覚障害者のためのマッサージ訓練におけるパートナー教育法の実

践について

 Wang Hongbo(中国)

発表14(教育):視覚障害者のためのマッサージ訓練についての総括的提言

 Pham Xuan Truong(ベトナム)

発表15(教育):手技療法教育における身体診察の重要性

 緒方 梨絵(日本)

https://vimeo.com/615612921/95a65324a4#t=3h0m29s

 

閉会式

https://vimeo.com/615612921/95a65324a4#t=4h19m30s

2020年12月14日 (月)

被災視覚障害者支援研修会

2020年11月15日から12月13日まで、全7回にわたって行われた被災視覚障害者支援研修会の動画が公開されました。

下記URLよりアクセスしていただけます(動画1本あたり約10分)。

被災視覚障害者支援研修会 第1回~第7回

https://www.youtube.com/playlist?list=PLaAxTmZ-4ULBXtQzW7qQtc3DYbwGs3bpQ

演題と講師(各講演の動画にリンクしています)

第1回 日本盲人福祉委員会の取り組みの概要 指田忠司
社会福祉法人 日本盲人福祉委員会 常務理事
日盲委の視覚障害者支援 − 東日本大震災から熊本地震へ 加藤俊和
日本盲人福祉委員会評議員(災害担当)
避難行動要支援者の避難行動支援について 近藤真吾
内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(避難生活担当)付 事務官
第2回 被災直後の視覚障害者支援 棚橋公郎
社会福祉法人岐阜アソシア 部長
熊本地震での視覚障害者支援 出田隆一
いでた平成眼科クリニック 院長
福祉避難所と視覚障害者支援施設 棚橋公郎
社会福祉法人岐阜アソシア 部長
第3回 大災害にまつわる節電が弱視者に与えたもの 白井夕子
日本弱視者ネットワーク 代表
避難所での視覚障害者の暮らし 原田敦史
堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター 館長
支援員の心理支援 田中桂子
神戸アイセンター病院 心理カウンセラー(公認心理師)
  第4回 日本視覚障害者団体連合での取り組み 竹下義樹
社会福祉法人 日本視覚障害者団体連合 会長
  視覚障害者情報提供施設・団体と災害被災者支援

竹下 

全国視覚障害者情報提供施設協会 理事長

  ハザードマップ(視覚障害者にハザードマップを理解してもらうには) 棚橋公郎
社会福祉法人岐阜アソシア 部長
  第5回 被災前にしておくべき事

張替涼子

新潟大学 医師

  災害時支援と盲導犬 日本盲導犬協会のこれまでの関わり 金井政紀
公益財団法人 日本盲導犬協会 ユーザーサポート部 管理長
  防災運動会(岐阜アソシアの試み) 棚橋公郎
社会福祉法人岐阜アソシア 部長
  第6回 災害対応における当事者を含んだ連携の在り方について 茂村 
熊本県視覚障がい者福祉協会 団体事務局長
  被災障害者支援団体概要 田中桂子
神戸アイセンター病院 心理カウンセラー(公認心理師)
  被災視覚障害者支援に必要な情報の共有と団体間の協力 加藤俊和
日本盲人福祉委員会評議員(災害担当)
  第7回 眼科医と視覚障害者 白根雅子
公益社団法人 日本眼科医会 会長
  災害時視覚障害者支援後の落としどころ 原田敦史
堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター 館長
  視覚障害者の災害支援へ日盲委の役割と行動計画 加藤俊和

日本盲人福祉委員会評議員(災害担当)

 

2020年10月 7日 (水)

日本の点字制定130周年記念講演会のお知らせ

0905_20201007124401  1890年11月1日、東京盲唖学校において開催された第4回点字選定会議において、石川倉次の案が採用されてから本年で130年となりました。この記念すべき年にあたり、関係団体が協力して、点字の意義と役割を互いに確認するとともに、今後の日本における点字のあり方等を考える機会とするため、下記の記念講演会を開催することになりました。
 多くの関係者のご参加・ご視聴をお願いいたします。

「日本の点字制定130周年記念講演会」
日時: 2020年11月1日(日)10時30分~12時30分
講演:
①「点字は私の父、指点字は私の母」
  福島 智氏(東京大学先端科学技術研究センター・教授)
②「<暁天の星>から<満天の星>へ
  -点字をめぐる不易・流行-」
  岸 博実氏(日本盲教育史研究会事務局長)
参加費: 無料
会場: すみだ産業会館 9階
 (〒130-0022 東京都墨田区江東橋三丁目9番10号
   墨田区・丸井共同開発ビル)
 最寄り駅 JR東日本・東京メトロ「錦糸町駅」
※会場参加は事前予約制とします。予約のないかたの入場はできません。
 お申し込みが、定員を超えた場合、予約受付を終了いたします。

2020年10月6日更新
※会場参加のお申し込みは定員に達しました。
 恐れ入りますが、YouTubeからの視聴をお願いいたします。


※当日の内容をYouTubeからライブ配信いたします。
 下記のURLからアクセスしてください。
 https://youtu.be/MyTumzy3fnU

主催:
 社会福祉法人日本盲人福祉委員会
 社会福祉法人日本視覚障害者団体連合
 特定非営利活動法人日本点字普及協会
 日本点字委員会

後援:
 文部科学省
 厚生労働省
 毎日新聞社点字毎日

協力:
 全国盲学校長会
 社会福祉法人日本盲人社会福祉施設協議会
 特定非営利活動法人全国視覚障害者情報提供施設協会
 特定非営利活動法人日本点字技能師協会


参加予約申し込み先・お問い合わせ:
 日本点字委員会事務局
 〒169-8586 東京都新宿区高田馬場1-23-4 日本点字図書館内
 電話 03-3209-0671、メール wadat@nittento.or.jp

 

なお、本講演会来場者への感染症対策としては、以下を実施いたします。

・会場の定員を半分にして、参加者同士の距離をあけます。
・会場の机・椅子等は、あらかじめ消毒しております。
・会場の換気確保のため、窓を一部開放します。
・講師の演台には、アクリルパーテーションを設置します。
・来場時に手指の消毒をお願いします。
・来場時に体温を計測させていただきます。37.5℃以上の方は入場をお断りいたします。また、咳込みが激しいなど体調不良が確認されたかたも入場をお断りすることがあります。
 当日の体調が優れない場合には、来場をお控えいただきますようお願いいたします。
・来場者にはマスクの着用をお願いします。マスク着用のないかたは入場できません。
・来場を希望するかたは、事前申し込みで、氏名・所属・連絡先等を登録していただきます。その他のかたは入場できません。 

«ニュースレターNo.75(令和2年3月号)発行しました