2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 東日本大震災と障害者の情報保障でシンポ | トップページ | 山手線ホームドア、新たに9駅に 14年までに設置 »

2011年7月 7日 (木)

宮城・多賀城市民123人にマッサージ

2011.07.06 伊豆日日新聞

 伊豆視覚障害者支援センター(前田敏昭代表)は

このほど、伊豆の国市の被災者受け入れ事業で訪れている宮城県多賀城市の市民に

マッサージのボランティアを行った。



「東日本大震災で被災した人に何か支援ができないか」とマッサージ師資格を持つ会員3人が取り組んだ。

多賀城市民が宿泊している旅館に出向き、123人に奉仕した。



前田代表は「痛みを和らげてあげたいという会員の意思で実現した。

今後もできる限り続けたい」と話している。






« 東日本大震災と障害者の情報保障でシンポ | トップページ | 山手線ホームドア、新たに9駅に 14年までに設置 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城・多賀城市民123人にマッサージ:

« 東日本大震災と障害者の情報保障でシンポ | トップページ | 山手線ホームドア、新たに9駅に 14年までに設置 »