2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 全国障害者将棋大会、20日に東京で | トップページ | 函館視覚障害者図書館 代読、代筆 無料サービスの利用増 »

2013年10月 7日 (月)

盲学校弁論大会:茨城の山口さん優勝

2013年10月04日 毎日新聞
 第82回全国盲学校弁論大会全国大会
(全国盲学校長会、毎日新聞社点字毎日、毎日新聞社会事業団主催、住友グループ広報委員会、日本公文教育研究会特別協賛)が
4日、仙台市青葉区の宮城県立視覚支援学校であり、全国7地区の代表9人が出場。
「笑顔」と題し「笑って笑って楽しく生きたい」と語った茨城県立盲学校高等部普通科2年の山口凌河(りょうが)さん(16)が優勝した。

山口さんは中3の春から病気で視力が低下。
野球ができず、自暴自棄にもなったが、仲間との交流などから「湿った心も笑いで乾く」と思い直したという。
「いつ笑うんですか? 今でしょ」と締めくくり、会場の笑いを誘った。

他の入賞者は次の皆さん。(敬称略)

<準優勝>
岩手県立盛岡視覚支援学校高等部専攻科理療科2年、千田光

<3位>宮城県立視覚支援学校中学部3年、高木蓮

<優秀賞>
北海道高等盲学校高等部普通科2年、安達星矢
筑波大学付属視覚特別支援学校高等部普通科1年、村田明由
岐阜県立岐阜盲学校高等部普通科3年、西崎美祐奈
神戸市立盲学校中学部3年、小林なつみ
徳島県立盲学校高等部専攻科鍼灸手技療法科2年、藤井修身
福岡県立福岡高等視覚特別支援学校高等部、井上駿

« 全国障害者将棋大会、20日に東京で | トップページ | 函館視覚障害者図書館 代読、代筆 無料サービスの利用増 »

コメント

準優勝した千田 光さんが盲学校弁論大会にて準優勝し、初めてこの弁論大会のことを知りました。残念ながら千田光さんは、過日、緊急に手術をしなければならない状況になり、現在、気仙沼市内の病院で療養中です。光さんのお母様より、この大会のことをお聞きしました。大会当日審査員をお務めになられた歌手の佐藤宗幸さんからコメントをいただいたことや、偶然にも仙台駅で佐藤宗幸さんとお会いし激励の言葉をいただいたことを光さんは本当に喜んでいたそうです。
光さんのお人柄は大変、朗らかです。また、なんでも話を聞いてくれます。人のことを大事にする責任感をおもちになられているから、大きな病気にも負けない強い意志で、病気と闘っていられると思っています。光さんに会いにいかなければならないと思っていた矢先の手術でしたので、残念な気持ちです。しかし、是非、超回復を願い、理学療法の世界で大活躍することを願っています。
光さんの親戚の柳川博道

 柳川博道 さま

コメントありがとうございます。
お身体のこと心配ですね。
1日も早いご回復とこれからのご活躍を
私共もお祈りさせていただきたいと思います。

はじめてメールさせていただきます。
私は個人でスマホアプリを開発しております藤城と申します。
この度は、突然のメールを送ってしまって不躾に失礼致します。

私が開発しました手話のアプリのご紹介をさせていただきたくご連絡させていただきました。
このアプリを作りましたきっかけは、報道番組にて最近はいかなる障がいの方々に心ない対応が目立ってきたと思い、健常者の理解を求める意味でこのアプリを開発しました。
現在は更新されてバージョンアップされておりますが、実は嬉しい誤算で
ユーザーの方がもっと手話の内容を増やして欲しいとリクエストがありました。ここまで反響があるとは思っておりませんでしたので私も嬉しく思っております。もしよろしければ、至らない点がございましたらご指摘いただけると幸いでございます。
旧バージョンはAndroid端末、Apple端末リリース済ですが、新バージョンにつきまして下記の通りでございます。

Android端末 /https://play.google.com/store/apps/details?id=net.jp.apps.yukofujishiro.shuwa
Apple端末/申請中。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国障害者将棋大会、20日に東京で | トップページ | 函館視覚障害者図書館 代読、代筆 無料サービスの利用増 »