2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 蚕に餌 音で成長実感 盲学校児童 | トップページ | ポスターで触れる人権問題 千曲の啓発センターで展示 »

2015年7月17日 (金)

全盲のピアニスト梯剛之さん 釧路で10月「ホームコンサート」

2015年07月15日 北海道新聞 夕刊  

国際的に活躍する全盲のピアニスト梯剛之(かけはしたけし)さん(37) =東京都在住=が
10月29日午後7時から、釧路市緑ケ岡6の14のピアニ スト松本尚子さん宅で公演する。
梯さんは7月9日から4日間、釧路へ避暑に も訪れており「心が安らぐ土地」と10月の公演を心待ちにしている。  

梯さんは、小児がんのため生後1カ月で失明。
物心ついた時からピアノをお もちゃ代わりにし、4歳で本格的にレッスンを始めた。
小学校卒業後、ウィー ン国立音楽大学準備科に入学した。
94年にドイツのエトリゲン青少年国際ピアノコンクールで最年少優勝して以来、
国際的なコンクールで多数入賞し、9 9年に東京都民文化栄誉賞を受賞した。

 国内外で年間50回余り公演する梯さんを迎える会場の大半は数百人が入場できるホールだが、
釧路公演は、定員50人の「ホームコンサート」だ。

 梯さんの熱烈なファンだった松本さんのラブコールが実り、
2年前に初め て、松本さん宅内の約50畳のホールでの公演が実現した。
手が届くほどの近さまでびっしり座った聴取を前に演奏した梯さんは
「お客さんの呼吸や熱気が肌に伝わり、大ホールにはない緊張感がある」
と喜び、3年連続で開催がかなった。

 また、梯さんは、13歳から23年間拠点としていたウィーンと釧路が
空気 の透明感や湿度の低さ、自然の豊かさが似ていると気に入り、
7月9日から3 泊4日の休暇で来釧。
釧路湿原や弟子屈町の砂湯などを巡りながら、松本さん宅でピアノのレッスンに励んだ。

 釧路で余暇を楽しんだ梯さんは
「公演に追われ、プレッシャーに押しつぶさ れそうになることも多い日々だが、
釧路のきれいな空気に癒やされた。
10月にいい演奏をすることで恩返ししたい」と語った。

 釧路公演は「ショパンバラード全曲演奏会」で、50席限定。
チケットは3 千円。
コーチャンフォー釧路店((電)0154・46・7755)で取り扱 い中。

« 蚕に餌 音で成長実感 盲学校児童 | トップページ | ポスターで触れる人権問題 千曲の啓発センターで展示 »

コメント

釧路の松本尚子でございます
ご紹介ありがとうございます!
梯さんはのリサイタルは10月23日札幌キタラ
25日美幌 ビホール 27日帯広 29日釧路 開催です
お近くの方ぜひお越し下さいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蚕に餌 音で成長実感 盲学校児童 | トップページ | ポスターで触れる人権問題 千曲の啓発センターで展示 »