2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 困難克服する心構えは… 全盲弁護士 大胡田さん講演 | トップページ | 神戸で手塚愛子展 点訳の手紙と糸カーテンの造形 »

2015年11月 2日 (月)

(声)個人番号、全盲者どう知る? 【大阪】

2015年10月30日 朝日新聞 大阪朝刊  

無職 川端隆(大阪府 79)  
私は網膜色素変性症による全盲です。
マイナンバー制度は、ラジオからの情報で理解しています。
 しかし、通知カードにある12桁の数字は点字ではないと聞きました。
点字希望と申請して、顔写真つきの個人番号カードを手に入れたとしても、
点字になるのは自分の名前だけ。
通知カードと一体になって送られる紙にある音声コードを携帯などで読み取れば番号を読み上げてくれるそうです。
が、私は携帯を持っていませんし、使用可能な携帯の機種は限定されているそうです。
ならば私は、この最高の個人情報を、 親族やヘルパー、役所の職員を信用して、教えてもらうしかないのでしょうか。

先日、地元交番の警察官が訪れて、私の家族状況を尋ねました。
警察手帳やバッジでの確認は、全盲の私にはできません。
私は「あなたが警察官であることの確認ができれば喜んで協力を申し出るのですが」と断りました。
後日、家人がいるときか、民生委員さんのような信頼できる人とともに再訪してもらわねばなりません。
 我々全盲者は日常で様々な困難に遭います。
マイナンバーが必要ならば、我々も自分で番号が把握できるよう対応願います。

« 困難克服する心構えは… 全盲弁護士 大胡田さん講演 | トップページ | 神戸で手塚愛子展 点訳の手紙と糸カーテンの造形 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 困難克服する心構えは… 全盲弁護士 大胡田さん講演 | トップページ | 神戸で手塚愛子展 点訳の手紙と糸カーテンの造形 »