2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 演奏 100人聴き入る 全盲の少女 ピアノ披露=新潟 | トップページ | 日本盲人福祉委員会のURLが変わります »

2015年12月18日 (金)

全盲ランナーの”課題”大企業への転職で環境改善

2015.12.13 日本テレビ  

アテネ・パラリンピックのフルマラソン金メダリストである
高橋勇市選手は全盲のマラソンランナーだ。

この競技で欠かせないのが、隣で走る伴走者の存在。
高橋選手は「視覚障害者ランナーにとって伴走者の確保が一番の課題」と話す。
その伴走者の交通費や宿泊費などの実費は、
ほとんどの場合ランナーが負担している。

そんななかで高橋選手は今年、三菱商事に転職した。
月1~2日程度の出社と、会社が決めたスポーツイベントへの参加が条件という
プロ契約に近い環境になり、実戦を見 据えた練習ができるようになったという。
高橋選手は
「大企業に限らず、どんな会社でも障害者をサポートしていってくれたらと思う」と 語った。

« 演奏 100人聴き入る 全盲の少女 ピアノ披露=新潟 | トップページ | 日本盲人福祉委員会のURLが変わります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 演奏 100人聴き入る 全盲の少女 ピアノ披露=新潟 | トップページ | 日本盲人福祉委員会のURLが変わります »